PCの入れ替えやらなんやらで、約1年ぶりの更新となりました。

大雪だった冬を過ぎ、周りは田植えの真っ最中

この1年間での出来事をお知らせいたします。

ひとつ目

DSCN2570

これ、なんだと思います?

これは、トラック用高圧洗車機です。

車が近づくと、3本の枠の中に高圧の水が上下左右から噴射するものです。

ドライバーの拘束時間が問題となっている中、その対策に一環として、車庫に帰ってきてから退社までの時間の短縮を図ること、ドライバーの労働環境の改善・労災防止を目的として設置しました。

今までは、洗車に1時間程かかっていたのが、今では15分程度。又、雨の中・雪の中洗車していましたが、この洗車機は、ドライバーが車から降りることなく枠の中をゆっくり進むことで洗車が終了。

 

二つ目

今年の春、新卒者が入社しました。

ドライバーの労働環境改善に取り組んでいる中、労働力の確保と高齢化が問題になっていました。

現状で人員を賄えても、将来を考えれば若い社員の育成が育成が不可欠、安定的に確保するには、新卒を採用し、育てることが望ましいと考え、定期採用に踏み切りました。

しかし高卒者を採用するにも運転免許の関係で仕事が無く、業界のイメージも良いものとは言えません。

そこで農業分野に進出しブルーベリーの栽培を開始。

新卒者2人にはブルーベリーの栽培担当とともに、本業のプロドライバーの業務に就くための準備期間に充て、プロドライバーになるための教育・体験を行てもらい、

「フォークリフトの運転資格」「中型・大型自動車免許」等の取得補助をし、本人の希望に応じて徐々にドライバー業務に就かせる予定です

そのことが、5月14日の「物流ニッポン」の新聞記事に取り上げられました。

その記事がこちら↓↓↓

物流ニッポン

今はドライバーとしてはまだまだ、未来のプロドライバーを目指して頑張っています。