私が単独乗務して早くて1ヵ月が経ちました。この1ヵ月間は、私がとても成長した1ヵ月でした。

最初は、ツーマンで先輩方のトラックに乗務していました。運転や、取引先との連絡は先輩方が行なっていました。

それから数か月が経ち、徐々に私にも運転する機会が増えていきました。最初は、乗用車と違い、車体の大きさ、幅、長さがあり、焦ってしまうこともありましたが、先輩方のアドバイスのおかげですこしづつ運転に慣れることができました。

そして、令和元年6月1日に私の単独乗務がスタートしました。

作業は建築現場に部材を納品する仕事なので、大工さん方とのコミュニケーションが大事な仕事です。最初の頃はそっけない感じの大工さんも、何回か会ううちに、顔や名前を覚えてもらい、休憩中に飲み物やお菓子をくれるまで親しくしてもらえるようになりました。

トラックは、ツーマン運行の時は平ボディでしたが、今は箱型のトラックで乗務しています。なので、左右、前後だけでなく上も注意して運転しています。

はじめは、先輩方にやってもらっていた業務も、自分ひとりでやらなければならないので「不安」がありました。ですが、作業や運転にも慣れてきて、「不安」が「楽しさ」に変わってきました。

まだまだ覚えることもたくさんあるので、日々精進して、無事故で帰ってこれるように運転に集中したいと思います。

                                               樋口 龍斗